>TOPページ>地域キャンパス

2017.06.09

ためになる、短いお話 ~室蘭キャンパス朝講話~

6月8日の朝、室蘭キャンパスの山本センター長が、

3年生20名に向けて「黄金比(1対1.62…)」についてのお話をしました。

 

「黄金比」は、多くの人達が「最も美しい」と感じるバランスの比率のことです。

 

「黄金比」が「1対1.62…」となる定義の説明と、

それに関わる2次方程式    X2-X-1=0  (正の解)を紹介しました。

 

 

人々が「美しい」と感じ、またそれに黄金比が関わる題材の例として、

彫刻『ミロのヴィーナス』や肖像画『モナ・リザ』、

建築物『パルテノン神殿』や、

日本からは『竜安寺の石庭と唐招提寺金堂』の写真を披露しました。

 

特に、円の活用による「黄金らせん」を黒板に描き、

葛飾北斎の『富嶽三十六景』を紹介したときには、

生徒から驚きの声が上がりました。

 

 

実はこういった講話は

「人の話を聞くことの大切さを知って貰いたい」という考えから、

室蘭キャンパス4人の教員が、1週間ずつ交代しながら続けています。

 

時間帯は朝のSHR(ショートホームルーム)

9:30~9:40の10分間の中で行われます。

 

 

テーマは今回のような数式を取り入れながらの「知識」といった回もあれば、

高校生を取り巻く身近な社会のことについてなど、

幅広い内容で行っています。

 

短い時間で話を聞くことで、始業前に思考のウォーミングアップにもなりますよ。

 

この講話は3年目を迎えています。

 

やがて教員からだけではなく、生徒達からの講話を視野に入れながら、これからも継続したいと考えています。

 

池上学院高校室蘭キャンパスでは

転校のご相談や見学を受付けています。

 

 

JR東室蘭駅の改札を抜けたら、通路を左に曲がって東口に向かいます。

エスカレーターで下りながら、ガラス張りの窓の向こうに左側の東室蘭郵便局方面を眺めると…

そこには室蘭キャンパスがもう見えます!

駅から近くてとっても通学しやすいですよ。

 

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

室蘭キャンパス

センター長 山本

0143-46-3061