>TOPページ|>コース紹介|>一般コース

一般コース

自分の進度・やり方に合わせた、自宅学習が中心のコースです。一般コース

自分のペースで、毎日の時間を有効活用

仕事をしている人、自分の夢・目標の達成と勉強を両立したい人、毎日通学はできないけれど、 自分の生活ペースに合わせた高校生活を送りたい人に、自宅で進める学習と、 毎週開講する個別指導体制の学習サポートで、生徒一人ひとりに、 丁寧で充実した学習環境を用意しています。

スクーリングは毎週実施 隔週土曜日も登校可能
スクーリングは毎週実施
隔週土曜日も登校可能
1年次水曜日、2年次木曜日、3年次金曜日と、年次ごとの登校曜日を設定しています。毎週登校できるので、スクーリングも自分のペースで計画を立てることができます。一週間おき(隔週)の土曜日は全生徒が登校でき、午後からのクラブ活動では趣味や興味とともに、先生方とも楽しく交流できます。時間を有効に活用できるので夢・目標の達成が可能です。
個別指導型学習で「わかる」「できた」
個別指導型学習で
「わかる」「できた」
国語・数学・英語の3教科で、中学校の復習から始める本校独自の「基礎科目」を設定し、基礎・基本の学習を大切にしています。スクーリングは「わかる」「できた」をモットーにし、学習は複数の教員が対応する少人数・個別指導形式です。先生方が生徒一人ひとりの学習に向き合うので、自分のペースで勉強を進めることができます。
勉強だけで終わらない。多彩な学校行事を実施
勉強だけで終わらない。
多彩な学校行事を実施
学校行事は実行委員会が「参加しやすい雰囲気」を第一に企画しますので、「行事参加」が苦手という人も楽しめます。陶芸教室や炊事遠足、スポーツ大会などのほか、映画鑑賞や動物園見学などその年ごとに変わる様々な行事に参加できます。「テーブルマナー教室」は毎年好評で、社会に出てから困らないためのお役立ち講座です。

《 履修の流れ 》基本はレポート(報告課題)の作成

レポート
(報告課題)
科目ごとに定められたレポート(報告課題)に取り組み、決められた期日までに提出し、添削指導を受けます。(年間75枚程度)教科書に基づいて作成された問題を解いていくスタイルでレポートに取り組んでいきます。
スクーリング
(面接指導)
分からないことや、より詳しく学びたい内容に対し、直接教科担任からアドバイスや指導を受けます。(年間20日程度[70時間程度]の受講が必要です)※クラス担任との履修相談により、出席日、時間割などを決めていきます。
テスト
(定期試験)
定期試験は前期試験(9月)、後期試験(2月)の年二回行います。レポートの内容を中心に出題されます。添削されたレポートの復習が大切です。

各科目単位修得

《 時間割モデル 》

時間割モデル

■ スクーリング年間実施モデル ※変更する場合があります。

スクーリング年間実施モデル

在校生の声

在校生の声

一般コース 3年 福井 さくら さん

[ 一般コース 3年 ]
福井 さくらさん
(空知管内の公立高校より転入学)

入学時は友達ができるか不安でした。でも、参加したスポーツ大会で、学年を問わず周りの人が声をかけてくれ、先生方も初めから明るくて話しやすかったです。勉強とやりたいことが両立できるのが一般コースのいいところ。テスト問題はレポートから出題されるので普段の学習をしっかりやっていれば大丈夫です。「学校に行ってやるべき勉強ができる」ことで自信がつき明るくなれました。いまは「学校が好き」「学校に行きたい」と思えるまでになっています。悩んでいる皆さんには視点を変え、「登校できている自分」を思い描いてほしいと思います。そのために、高校の体験キャンパスや見学会にいくことで、一歩を踏み出せると思いますよ。

卒業生の声

卒業生の声

平成27年度一般コース卒 高村 滉一さん

[ 平成27年度一般コース卒 ]
高村 滉一さん
北海道医療大学
看護福祉学部 3年在学

池高には高校1年のときに転入しました。ゆっくりと焦らずに学習するカリキュラムの中で、自分の潜在的な可能性、新しい可能性を見つけることができました。毎日学校に行く生活では体験できない様々な活動をすることができました。そのひとつがボランティア活動です。自分はもともと人と話すことが好きでした。自分の苦しかったり悩んだりした経験を生かし、同じく悩んで孤立している人たちの精神的なケアをする病院の訪問看護に同行し「話を聞く」という活動を在学中に行っていました。今の大学に進学し、専門的な知識や資格を得たいと考えたのもその活動があったからです。ですから、池上学院高校の一般コースに入ったからこそ、いまの自分がある、と言えるのです。悩んでいる皆さんには、「安心して先生にぶつかってほしい。溜め込まずありのままを先生に伝えてほしい」と思います。池上の先生方は、「肯定すること」を前提に、親身になってしっかり受け止めてくれます。