>TOPページ>地域キャンパス

2017.07.21

ためになる、短いお話 ~朝講話其の六~

7月第2週朝の講話会、第2週の担当は宮﨑先生でした。

3年生25名が参加しました。

天気は晴天で、室蘭キャンパスもとっても暑い日でした。

 

宮崎先生から生徒のみんなに、

「少年老い易(やす)く学(がく)成(な)りがたし。

一寸の光陰(こういん)軽(かろ)んずべからず。

未だ覚めず池塘(ちとう)春草(しゅんそう)の夢。

階前(かいぜん)の梧(ご)葉(よう)すでに秋風。」

 

ということわざを紹介しました。

このHPをご覧いただいている皆さんにもこのことわざは「聞いたことある!」という方もいるでしょう。

中国の儒学者 朱子(朱熹)の有名な言葉ですね。

 

宮﨑先生は、高2の時この詩を習ったそうです。

その時は何も感じることはありませんでした。

しかし、60歳を超えた頃から、「今まで何をしてきたのか、何を学んできたのか」と自問自答する日が続いているそうです。

 

「若い時は時の経つのが早く、勉強はなかなか成し難いものです。

時間を惜しんで、その時その時を大事に勉強することが重要です。

特に読書は、その年代その年代に読まなければならないものがあり、

読むことが必要です。」

 

と気温より熱く生徒たちに語っている姿がありました。

 

 

「少年老い易く学成りがたし…」意味がイマイチわからないなーという人は、

ぜひぜひ、調べてみてくださいね!

 

室蘭キャンパスも暑い日が続きますが、

生徒も先生も元気で学校生活を送っています。

 

今の学校を休みがち、学校へ行けていない、

転校を検討している、留年せずに卒業を迎えたい、

など、悩んでいる胆振管内の高校生・保護者の方

今からでも間に合います!

学校見学や、ご相談、お待ちしています。

 

0143-46-3061

センター長 山本