>TOPページ>地域キャンパス

2017.08.10

夏季集中スクーリングを実施しました

池上学院高校は、4月~9月は前期、10月~3月は後期、の2期制の学校です。

 

前期試験と後期試験との年に2回の定期試験を実施しています。

 

室蘭キャンパスでは、この定期試験対策として、

4日間にわたり「集中スクーリング」というものを実施しています。

文字通り、集中した日程で学習する期間のことです。

 

なぜこのような集中スクーリングを実施するのかというと、

特に3年生は前期テストをしっかり受験し、前期の成績が出なければ

これから始まる進学や就職のための準備が始められないためです。

 

入学の条件が高い、入社の条件がより高いところを目指す、

そうなると定期試験ではより高成績を目指して頑張らねばなりません。

 

どこの高校生も、卒業後に向けて努力しなければならないことは同じですね。

 

集中スクーリングの会場は、いつもの室蘭キャンパスをちょっとだけ離れ、

登別の日本工学院北海道専門学校さんの校舎で行います。

 

バスの送迎があるので安心ですよ。

 

普段の学習も静かな雰囲気で行っていますが、

この集中スクーリングの授業中は、生徒たちがより一層集中力を高めて学習するため

非常に静かな教室内です。

 

個々の生徒たちに説明する先生方の声しか聞こえない、

そんな雰囲気に室蘭キャンパスに転校してきた多くの生徒が驚きます。

 

 

さて、勉強ももちろん大切なのですが、

この集中スクーリングで生徒たちがとても楽しみにしているのが体育の授業です。

 

自分の好きな種目を中心に取り組めます。

先生も生徒も、みんな汗だくになって、時間を忘れて過ごしています。

 

下校のバスは、勉強にスポーツに充実した時間を過ごし、

みんないつの間にか眠りに誘われて寝息だけが聞こえてきます。

 

定期試験は、いよいよ8月下旬から。

高成績獲得!を楽しみにしながら、残りの夏休みを楽しく、充実させてくださいね!!

 

 

室蘭キャンパス

センター長 山本