>TOPページ>地域キャンパス

2017.12.01

「ラストレシピ」良かったです!!

11月21日(火)、

函館キャンパスの目と鼻の先にある映画館で

「ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~」を鑑賞してきました。

 

 

学校行事の参加率約50%で今年度最高の参加率でした。

 

多くの生徒が楽しみにしていたようです。

 

来年もこの時期に実施を考えていますので、

生徒にとって“ワクワクドキドキ”するような作品が配給される事を祈りたいと思います。

 

ところで、鑑賞後の生徒の感想はと言うと

 

・「料理よりも人との繋がりをメインにした作品のように思えた」

 

・「この映画を見て観じたこと二つ。一つは、努力の大切さ。二つ目は、仲間のありがたさ。」

 

・「当時の満州国の様子も知ることができて、今がどれだけ平和か痛感しました」

 

・「おもしろいと言うより、心にしみる映画で、日本の悲しい過去の出来事を深く考えさせるものでした」

 

・「小説作品の方も読んでみたいと思いました」

 

・「映画の最初に出てきたオムライスが凄く美味しそうで食べたくなりました」

 

・「変わらないことはつまらないことだ。

しかし、変わらない物が有ることによって人は必ず何かしらの希望を見いだすことが出来るのだろう。

何かに迷い、悩んだ時はいつも変わらずそこに有る物を忘れず生きていきたい」

 

・「自分の人生経験によって見え方が多面に変わる映画だと思いました」

 

等々で“見て良かった作品”だったようです。

 

これから鑑賞する人のために映画内容の詳細には触れませんが、

是非、一度映画館に足を運ばれたらいかがでしょうか?

 

 

最後に国語の勉強を。

 

「かんしょうのかん」の漢字は、単に自然などを見て楽しむ時は「観」を、

芸術性があり人が作ったもので何らしかの意味や情報を伝え、

それらを深く味わう時は「鑑」の字をと、使い分けるとのことです。

 

 

 

12月にはいりました!

いよいよ年の瀬ですね。

函館キャンパスへでは転校や来年の新入学のお問い合わせを受付中です。

現在の学校生活でお悩みの方、まずはご相談ください。

 

函館キャンパス

センター長 中野

0138-22-5705