>TOPページ>地域キャンパス

2018.07.17

“美味しい!!”の一言 自作の「洋食」食べました

池上学院高校函館キャンパスでは7月11日(水)、前期最後の学校行事である【体験学習(調理実習)】を

函館市内の「函館短期大学付設調理製菓専門学校」で実施しました。

 

今年の学習は「洋食」でした。

実習のメニューは「マッサマンカレー」「小松菜のサラダ」「カスタードプリン(エスコフィエ)」の3品です。

 

 

 

「マッサマンカレー」とは、タイ王国に起源を持つゲーン(タイカレー)です。

 

ある説によると、アユタヤ王朝を16世紀に訪れたペルシャの使者や貿易商の影響を受け、タイ中部で生まれたとされる。

また別の説では、タイ南部を訪れたアラブ人の貿易商人が起源だとされる。

 

ともかく、イスラム教徒(ムスリム)から伝来したことから、イスラム教の食の規律(ハラール)に従って、このカレーは主に鶏肉、牛肉や羊肉などで作られる。

タイで一番多いのはチキンマッサマンで、今回の挑戦も”チキン”がベースでした。

 

マッサンカレー調理手順は以下の通りです。

 

ぜひご自宅でも作ってみてください!

 

●ココナッツクリームを鍋に入れて火にかけ、油を分離させる

●それにマッサマンカレーペースト(市販はされているが、函館では手に入らないとのこと)を加え炒める

●さらにココナツミルク・鶏ガラスープ・パームシュガー・タマリンドジュース・ナンプラー・生の鶏もも肉(一口大の大きさ)・生の玉葱・ピーナッツを加える

●沸騰しない程度の火力で20分ほど煮込んで完成。

 

 

 

 

最後に皆でいただきました!

 

 

 

ご協力いただいた函館短期大学付設調理製菓専門学校のみなさま、ありがとうございました。