>TOPページ>地域キャンパス

2018.11.13

映画鑑賞・秋 11月8日(木)「走れ!T校バスケット部」見てきました

池上学院高校函館キャンパスで秋の映画鑑賞を行いました。

 

今回「シネマ太陽函館」で鑑賞したのは、

松崎洋による小説【走れ!T校バスケット部】。

 

この映画は原作者の松崎氏のデビュー作として2007年に出版され、

2015年にシリーズ10作目で完結。

 

シリーズ累計120万部を突破した大ヒット作を実写映画化し、

弱小バスケットボールチームの成長を通して高校生の悩みや友情、

家族の思いを描いた青春スポーツ映画です。

 

氏は9巻を刊行後、呼吸器を患い長期入院をされていましたが、

平成26 年2月に治療の甲斐なく「間質性肺炎」のため、他界されました。

 

病室で執筆中だった未完の原稿は、

長男の松崎準氏が完成させ、共著として10 巻が刊行したそうです。

 

 

 

鑑賞後の感想を一つ紹介します。

 

【私は今まであまり部活に一生懸命になったことがありませんでしたが、

今回この映画を見て部活って良いな、

そして好きなことを楽しんで出来るってステキなことだなと思いました。

 

また、主人公の父親が優しく、息子のことを考えてバスケすることを応援する姿に感動し、

良い親ってこんな人のことなんだろうなと思いました。

 

そして、主人公は仲間がいたからこそ壁を乗り越えることが出来たのだと思い、

改めて友達との関係を大事にしていこうと決意させられました。

 

私は部活動と言うより勉強に頑張ってきました。

 

部活も良いですが、

私には勉強ぐらいしかないので受験勉強頑張ろうと思います。】

 

 

各自各様の視点で鑑賞し、あっという間に過ぎた2時間でした。