>TOPページ>池高ニュース

2017.06.27

【連載】農園日記 『苗植え』

ひさびさ!農園日記です。

※5.29の第1回目日記はコチラ

※6.07の第2回目日記はコチラ

 

池高総合コースボランティア部がいま夢中になって取り組んでいるのが「農園」。

そう、いまふう(?)にいうと「アグリ」活動です。

 

わがボランティア部は、農園に降り立つと「アグリ部」になります。

顧問も「国語科の教師」からたちまち「まるで農家のひと」になります(笑)。

 

 

さて、今日は待ちに待った「苗植え」!

これまでの池上学院高校の畑には、学校祭で3年生が出店する「豊平カレー」に入れるジャガイモ、ニンジン、たまねぎといった野菜が栽培されていました。

 

そして今年からは畑の拡大で、カレーの食材以外の野菜や果物にも挑戦するとのこと。

じつに様々な種類の苗が用意されていました。

おなじ「きゅうり」や「ベリー」でも種類の違う苗が準備されていたり

 

 

他に、ピーマン、いちご、かぼちゃ、枝豆などの苗がありました。

 

 

「湯あがり娘」なんて名前の枝豆もあります。

 

 

湯で上がりが綺麗な緑色なので、このネーミングだそうです。

なる程よく考えるものですね~。笑

 

畑の計画書に基づいてボランティア部が苗植え。

苗植えが初めての人が大多数でしたが、すぐに土に慣れ親しんで、楽しく植えていましたよ。

 

 

 

 

実は、ボランティア部にはかつて農業高校から転校してきた生徒がいます。

 

その生徒が今回の農園作業では静かなリーダーシップを発揮してくれています。

 

「まさか、転校先でも農業をするとは思いもしなかった。」

と本人は笑っていました。

 

本当に不思議なめぐり合わせですね。

 

転校先は普通科の池上学院高校でも、その経験がちゃんと生きてくる。

 

いや、その経験を彼自身がしっかり生かしてくれていることで

はじめて「経験は生きる」ことになったのでしょうね。

 

このめぐり合わせと、農園プロジェクトに感謝!です。

 

さて、初めて農園に挑戦している生徒たちも、農作業が好きになってくれているみたいです。

 

いまは、生徒たちが放課後にせっせせっせと水遣りにいそしんでいます。

 

植えた苗と、植えてくれた生徒の農園を通しての成長がとても楽しみですね!

 

 

 

これから池高に転入学を考えている皆さん

総合コース・ボランティア部に入って

一緒に農園作業してみるのも、楽しいかもしれませんよ!

 

お問い合わせや資料のご請求をお待ちしています。

0120-195-315

國安・菅野(すがの)・土井