>TOPページ>池高ニュース

2018.08.07

【総合コース】夏合宿in砂川!!

7/31-8/1、1泊2日の日程で、総合コースで夏合宿を行いました。

 

夏合宿とは総合コースの夏休み期間中、希望者のみで行う合宿のことです。

 

今回は1年生から3年生まで計70余名で行ってまいりました!

 

当日の気温は32℃。

 

北海道の夏の行事で寒さより猛暑を心配する日が来るとは数年前は考えなかったことですね。

バス2台に分乗し、行き先は砂川。

 

まずは砂川市・北光公園内にある、B&G海洋センターで、カヌー・ボート体験をしました。

カヌーでは、パドルの使い方に苦戦する人多発。

 

左右のパドリングの強弱があわず、同じところをぐるぐる回る人。

 

水の流れに身を任せ、漂う人。

 

あちこちで艇が軽くぶつかり、起きる喚声。

 

見ているこちらも楽しませてもらいました。笑

 

 

しかしさすが高校生、次第にコツを掴み、沼地内を思い思いに動き回っていましたよ。

 

 

 

 

さてカヌー体験の後は、宿泊地「ネイパル砂川」へ移動。

 

移動してすぐに夕食準備に取り掛かりました。いつものことですが、夏合宿は自炊が基本。

 

自分たちのご飯は自分たちで作らなければ出てこないのであります。

 

今年は「火起こし」から自分たちで行います!

ネイパル砂川のスタッフさんから、火起こし器での着火方法のレクチャーを受けます。

今回の火起こし器は「まいぎり式」と呼ばれるもので、コツはとにかくがんばる事。笑

 

 

 

 

 

「ウデが限界~!」と叫びながら、ひたすらまわします。

火種がついたら「もぐさ」に移し、さらに麻ひもをほぐしたふわふわに包み、息を吹きかけて火起こし。

起きたら長い麺棒に火を移し、ランタンへ。

 

苦戦する班もあり、「残り3分で、チャッカマン投入」と告げると

「えっチャッカマンあんの?!きいてないし!!初めっからチャッカマンでよくね!!?」

とぶーたれた声を出しつつ、どの班も「火がつくまでやる!」と、心の炎は燃えたぎっています

 

こういうところが池高生のいいところ。

結果全ての班が着火に成功しました。みんな、よくがんばったね。

 

 

火をくべる薪も、自分たちで割ります。米を研ぎ、野菜を切る係もいます。

 

 

 

汗をかいたあと、仲間と食べるBBQは最高の味でした。

 

 

 

さて!夏合宿はまだ終わりません。

 

調理器具とかまどを全て片付け「ナイトハイキング」へ出発!!

 

 

「ナイトハイキング」の目的は、ホタルを見にいくことです。

実は、2年前に同じく砂川に夏合宿へ来たとき、雨天でホタルを見に行けませんでした。

ということで、今回はリベンジチャンス!

 

「ナイトハイキング」は、この合宿のハイライトでもあるのです。

 

高校生の体力ももう限界か?と思いきや、70人が懐中電灯を片手に暗闇を歩くという非日常な光景がひろがり、みんな再びテンションあげー。

 

 

 

 

ホタルも出てきてくれ、その幻想的な光に、感動の声が上がっていました。

往復3キロ1時間のホタル鑑賞ツアーを終えた後、お風呂に入って汗まみれの体をすっきり洗い流しました。

アイスを食べて、班長会議をして、歯磨きをして、就寝!!

みんなで歯磨きする姿が、なんともかわいい。笑

 

 

あっという間の1日が過ぎました。

 

 

教職員がこの夏合宿の裏テーマを「体力強化合宿」と宿で名づけた今回。笑

 

正直暑くて、先生も生徒のみんなも体力勝負ともなりましたが、夏の1日を全員で楽しみ倒す!こんな経験はこの先なかなか出来る体験ではありません。

 

ラクできちゃう、何のインパクトもない、そんな体験なんてすぐに忘れてしまうでしょう。

 

大変だったけど、仲間とボート漕いで、歩いて、休んで、声掛け合って、ふざけあって、ご飯食べて、、

大人になったら、それなりに大変だった記憶と一緒に「楽しかった」と、今日の日をきっと思い返す日が来るでしょう。

 

 

さて、一夜明け、ラジオ体操の後、再び朝食を自炊。

朝からカレー!

また火起こしからの作業ですが、スタッフさんがいなくとも、もう自分たちで火起こしが出来るまでになっていました。

 

 

 

カレーを美味しくいただき、宿舎を清掃し、スタッフの皆さんにお礼のご挨拶をして学校へ帰りました。

 

短かったけど、いろんな経験をぎゅっと塊にした夏合宿。

充実した夏の思い出が出来ました。

 

 

砂川B&G海洋センターのスタッフの皆さま、

ネイパル砂川のスタッフの皆さま、

お世話になりました。楽しい体験をみんなですることが出来ました。

 

本当にありがとうございました!