>TOPページ>池高ニュース

2018.11.20

【学園前キャンパス】普通救命講習を受けました

11月13日〔火〕学園前キャンパスでは

後者の2教室を使い普通救命講習を行いました。

 

これは、学園前キャンパスで行われる『特別活動』で、

一般コース(週1)・進路実現コース(週3)・集中スクーリングコースの生徒が参加することができます。

 

さて、日常生活の中で

「もちがのどに詰まった」「階段から転倒した」「駅のホームで近くの人が急に倒れた・・」

そんな場面に出会ったらどう対処したらいいでしょうか。

 

生命に関わる状況はめったに起きることではありません。

しかし、もしその場に居合わせて最善の方法を知っていれば命を救うことができます。

 

今回の講習では応急手当の基本知識と実技を3時間にわたり教わりました。

 

講師の先生は札幌市防災協会から派遣していただき、

参加生徒32名は4つのグループに分かれました。

 

 

 

「血液は心臓の拍動を通して全身に酸素を供給します。

体の中の血管を全部つなげるとどのくらいの長さになるかわかりますか?・・・地球二周分の長さになります。

体の隅々まで毛細血管が張りめぐられていて、その血管の中を血液は50秒で1周するのです。

その血液が事故や怪我によって失われては大変です。」

 

 

講師の先生は興味深いエピソードも交えながら判りやすく説明してくれます。

 

その後、生徒にのどつまりの対処法や止血法、心肺蘇生法、AEDの使用法など実技指導をしていただきました。

 

 

 

「誰か来てください。」

「あなたは119番通報をしてください。」

「あなたはAEDを持ってきてください」

「だれかAEDを使える人はいますか。」

 

 

生徒は想定された緊急事態に戸惑いながらも講師のアドバイスを真剣に聞きながら

身振り手振りを交えて指示を出していました。

 

 

 

 

講習を終えた生徒の一人は次のように語ってくれました。

 

 

「AEDに初めて触りました。もしAEDが必要な場面に出くわしたら今日の講習の経験を生かしたいと思います。」

 

 

通信制高校の特別活動いわゆる「行事」に参加することに不安や心配を覚えている方はいませんか?

 

学園前キャンパスのコースで行われる特別活動(行事)は、

こういった【お役立ち講座】もあるんです。

 

しかも学校の中で行うので、安心ですよね。

 

 

参加しやすい雰囲気を心がけているので、これから入学する皆さんも安心して参加してください。

 

在校生の皆さんも、残りの特別活動、積極的に参加してみてくださいね!

 

 

池上学院高校では入学のご相談を随時受け付けています

 

 

【高校1・2年生】

・今年度中に転校し来春の進級を目指してしている方はお急ぎください。

・ご出願には面談が必要です。

・札幌圏の方はフリーダイヤルへおかけください。

・地域キャンパス圏にお住まいの方は急ぎ地域キャンパスへご連絡ください。

 

 

【中学生・中学を卒業した方】

・来春2019年度入学願書受付開始をしています。

・ご出願には見学・個別相談が必要です。

・まずは、お気軽にお問い合わせください。