>TOPページ>地域キャンパス

2017.11.07

「ジョブカフェ函館」に職員がお話を聞きに行きました!

池上学院高校函館キャンパスでは、

高校卒業はもちろん、卒業後の進路に向けても生徒の皆さんのサポートを行っています。

 

「高校卒業後は就職したい」という希望の生徒さんも少なくありません。

 

“就職希望の生徒の指導に活用できないか”と考え、

函館キャンパススタッフが高校生から中高年の方までの就職支援活動を行っている北海道求職者支援センター、

通称「ジョブカフェ・ジョブサロン函館」を訪問し、詳しい内容を聞いてきました。

 

 

「ジョブカフェ」とは、2003(平成15)年に国が「若者自立・挑戦プラン」の計画を立て、

その中心的な役割をになう場所として位置付けらました。

 

地域の実情に合った若者の能力向上と就職促進を図るため、

若年者の雇用に関連する申し込みから手続き完了までのサービスを1ヵ所でまとめて受けられるようにした、

いわゆる「ワンストップサービスセンター」です。

 

「ジョブカフェ函館」は

函館市役所(市職員が1名常駐していました)・渡島総合振興局・渡島教育局・函館商工会議所などと連携して

支援を行っているとのことです。

 

この「ジョブカフェ」では、就職支援セミナーとして「就勝塾」を週2~3回実施しています。

 

例えば、「応募書類の書き方」というセミナーでは、

履歴書の基本的な書き方、証明写真など

応募書類に関する様々な疑問や悩みの解決に向けた支援を行います。

 

また、「面接の基本」セミナーでは、

身だしなみ、マナー、自己PR、求められる人物像などを、まずは学び考えます。

それから、数回にわたる「模擬面接」で学んだことを実践できるようにするという、

まさに面接の基本を支援してくれるとのことでした。

 

また、「自分はどのような仕事に向いているのか?」ということで頭を抱えている人には、

職業興味検査・適職診断などを通して自己分析を行い、

その悩み解決の糸口を見つけてくれる支援も行っているとのことです。

 

 

ひとことで「就職活動」といってもたくさんの準備が必要です。

こうした場所でプロのアドバイスやご指導をいただけるのは本当に心強いですね。

 

今回得た情報をもとに、進路指導の充実を図っていきたいと考えています。

 

ちなみに、「カフェ・サロン」は市内梁川町にあり、

1962(昭和37)年開店、今年55周年を迎えた老舗デパートの6Fにありました。