>TOPページ>地域キャンパス

2019.06.20

アラジン・ジャスミンそしてウイル・スミス

池上学院高校函館キャンパスは、春の映画鑑賞として、

不思議なランプを手に入れた若者・アラジンが愛する女性・王女ジャスミンを守るため繰り広げる冒険を描いた

ディズニー・アニメの名作「アラジンと魔法のランプ」の実写映画「アラジン」を

映画館に行って観て来ました。

 

生徒たちの「感想」をご紹介します。

 

・逆風に負けず、自らの身分を捨ててまで大事なものを守り抜く、

簡単な事じゃないのにやってのけるジャスミンは本当に素敵で魅力的な女性です。

私も心から大切なものを守れるようにもっと強くなりたいと思いました。

 

・最後はアラジンが姫と結婚するっていうことは分かっていたけれど、それまでの過程が泣けたり、笑えたりが多くて。

実際泣きました。

 

・見ていて、夢中になれて見た映画は久々な気がしました。

原作との矛盾もなく良い作品だと思い、今度は吹き替えではなく、字幕で見たいと思いました。

 

・特に、印象に残っているのはエンデイングです。

ジャファー戦がアニメと比べてあっさりしているような印象でした。

そしてその後のダンス。

比較的重い印象を受けたアニメとは違い、ハッピーエンド感が強いかなと思いました。

 

・人を信じること・友達の大切さ・(相手のために)ついても良い嘘があることそして人を好きになることは凄いって事を学びました。

自分のことを命がけで守ってくれる人と結婚したいですね!

 

 

等々。

 

「秋」も今回同様、あるいはそれ以上の感動を憶える作品に出会えることを・・・。

 

 

  • ● <千一夜物語>ミニ講座 ●●

「千一夜物語」の愛称でも親しまれるアラビアンナイトは、ある一人の女性によって語られたものです。

 

その女性の名は、シエラザード。美しく、古今東西のあらゆる書物を読み通していた知恵のある人物でした。

 

しかし、彼女の住むペルシャ王国では、困った出来事が起きていました。

 

国を治める王様が、妻に裏切られたうらみから、一夜を共にした娘の首を次々と刎(は) ねていたのです。

 

シエラザードは、そんな王様のもとに自ら嫁ぎたいと言い出します。

 

王宮に輿入(こしい)れしたシエラザードは、その夜から、王様に向かってふしぎな物語を語り始めます。

 

そして、シエラザードの夜話は、千と一夜の間も続けられ、そうして出来あがったのが、アラビアンナイトの物語集なのでした。

 

アラビア語の原題では、「アルフ・ライラ・ワ・ライラ」=「千と一の夜」と呼ばれていることから、「千一夜物語」とも言われます。